“私の自室に保管してあるソルトルアー用のロッドは全て10雑誌周り。
その多くがチヌやメッキを始めとしたランプロッド、それだけ長さを摂るものでは無いのですが、さすがに総数で10雑誌周りとなれば、よく格納やれる窮屈といういざ釣行という場合なって大変です。
始めは1本1本別々に保管して関するロッドスタンドを手作りし利用していたのですが、逐一1本ずつ管理するのは重荷が溜まった時折流石に難題。ジリジリしながらメンテナンスしていたらふとした支障で折損してしまいかねません。
そこで思い付いたのが傘立ての様な長いボックス系統のロッド立て。これなら合計1箇所にまとめて講じる事も可能ですし、釣行帰路水洗いして乾かしてさえおけば、全てのロッドをこういうスタンドの中に適当に放り込んでおけば大丈夫といった始末。
直ぐに適当に図面を引き、側のホームセンターで木材を購入し作り上げたのは高さ1メートル・入口が40センチ周囲の傘立てによって2移りほど大きなボリュームのロッドスタンド。
試しに手元にあるロッド合計を入れてみましたが、かなり綺麗に減り文句無しのフレキシビリティ。特定のロッドを出したい時にもすぐ作り出せる丁度良い高さで、これなら長く愛用してゆけるでしょう。
使い勝手を考えれば、販売よりも手作りのアイテムの方がはるかに利便性がおっきいについてもあるのです。”
博多で出会いがある

色々利便性が高いパブリック乗り物を通じて移動している最中には、睡魔を我慢できず夢の国へ意識が向かってしまうことがあります。自身において日常的なことですし、周囲のツーリストも同じように眠ってしまうことが多いです。但し、自身は見知らぬヒューマンに寝顔を広がることが恥ずかしくてツボがありません。顔つきを下に向けてスタミナ蘇生を図ろうといったしましたが、知らない間に後を向いてしまい結局は目覚めたときに赤面やるほどの思いをするのです。そこで、風呂とか列車の中で眠っても寝顔を見られないための捻りを考えました。一つ目は、帽子を激しくダブることです。ありきたりなメソッドですが、余裕印象で効果的だと思います。次は、抱き枕を抱いて顔つきを隠しながら眠ることだ。運輸がマジかもしれませんが、軟らかい心境で睡眠が見込める。また、品格存在の抱き枕も効果的です。大好きな品格と共に寝つけるという歓喜を喜べるので、周りを気にせずに寝付けるというわけです。大き目のマスクというアイマスクを着用することは、三つ目に考えたことでした。形相全部が思えなくなりますし、乾きしがちなパブリック乗り物の車内に対して喉への負荷を最小限に突き止め秘めます。
北九州で出会いがある

“サロンの傍らは安くてうまい昼めしを食べられるお職場が低く、いつも昼食は先着合戦になってしまいます。今日は出遅れてしまい、どうしようかなと考察しましたが、お金日光先々だったこともあり、どっちみち遅いのならって、少々お高額の洋食屋くんに入りました。

まさかお対価高めですが風味はべらぼうなので、店内は満員。仲間という後輩の3輩で入職場し、こちらと後輩はチキンカツ定食、仲間はハンバーグ定食を買い入れ。

だが、10食い分経っても15食い分経っても、クッキングは出て来ません。客間スタッフの女性に確認してみると、あと5食い分ぐらいで仕上がるとのこと。それでもそれから10食い分ほど経っても、いまだに出て来ません。

昼休みが仕上げるまでもう一度10食い分ほどしかありません。キャンセルしてお職場を出ようかと思ったところに、クッキングが出来上がってきました。

大慌てで食らいつく3輩。皮肉なことにおクッキングがアツアツでいち早くは食べられません。真っ先に食べ終わった仲間が「私、先にいくよ」といって飛び出していきました。

この時点でびっちり昼休み終了の日数。こちらと後輩は投降し、でも急いでクッキングを食べ終え、サロンに爆走で戻ったのです。

サロンに着いた時には昼休みの日数を15食い分ほど突破。折り悪くその間にあなたからこちら宛に連絡があったとの事で、主任に「なにやってんだ!」という怒られてしまいました。

昼食はスピードが大切ということを実感しました。心から風味は良いんですよ、あのお職場。トホホ。”
香川で出会いがある

“前日は、久々の休日。

ボクの近くたちが、
住宅に試合にきてくれました。

ボクが作った鍋を食べながら、
ビールや国内酒を呑みながら、
色んな対話をしました。

甚だ楽しくて、
あっという間のひとときでした。

これ程興味深いのも、
遠慮のない関わりだからだ。

みんながそのままなんですよね。

背伸びせず、偽ろうってせず、根気せず、
利用しようとも、何かを隠そうともしていない、

双方が、そのままを出そうとし、
そのままを受け入れようとする。

ですからおかしいんですよね。

かつてのボクは、ありのままのそれぞれを、
さらけ出すことができませんでした。

「みんなに好かれたい」
「嫌われたくない」
としていたんですよね。

それでもこれは悔しい。
自分の生活を歩んでいるとは言えない。

相手に合わせているうちに、
自分らしさといったものが
分からなくなっていくんですよね。

それだけでなく、
それぞれと見合うみなさんといった明かすための、
時間も失っていくのです。

「みんなに好かれる対応なんて困難」
「みんなに好かれることをやめよう」

こう考えた時に、
ヒトはありのままのそれぞれをさらけ出せるし、
自然と、それぞれって気の見合う人たちが
引き寄せられて来るのだと思います。

ありのままのそれぞれを
受け入れていただけるみんなにサンキュー。”
盛岡で出会いがある

“ 今日はスカッと晴れた雲ひとつ乏しいすごいいい日和でした。それに夏場とは思えないほど涼しくて、相当清々しい日光でした。こんな日和だったので、外部に出掛けたくなって、家族で生物園に出かけることにしました。日々なら夏に生物園に行くなんて、暑くて考えられないですが、今日は家中ノリノリで出かけました。
 久し振りの家族での出陣で、生物園をじわじわ売りました。長々個性的な生物がいる生物園でした。一部分を常に舐め続けているキリンや、おんなじポイントをもっと行ったり来たりして掛かるシロクマ、ひなたぼっこをしながら寝転がって要るペンギンなど、本当に個性的で楽しませてもらいました。生物園がお子さんのところから好きで、つまらないオリにぶち込められているのは憐れですなとは思いつつも、のんべんだらりやる生物を見ると平和な気分になります。
 昼めしは、お家からおにぎりを持って行って、ゾウの手前で食べました。みんなで外部でご飯を食べるのは、凄い明るいですね。ゾウはほんとに著しいなー、なんて言いながら食べて、とっても太平で癒やしの暇でした。夕暮れが近づいてきたので、面影を惜しみながら、家路につきました。久しぶりに相応しい休みを過ごせました。”
すすきので出会いがある

“今日、残業続きでカラダがボロボロ。

このままじゃまずいと思い、前から気になっていたオイルマッサージのお業者を予約して行ってきました。

今回は、体内通路一般2時刻の通路を奮発!

オイルマッサージの種類はタイバージョンマッサージで、私は本日初めて受けてみました。

今まで色んな型式のマッサージにあたってきて、本日も作品務衣という衣料を着てマッサージを受けるのかと思いきや、セラピストのお姉さんがすぐさま

「では最初にシャワーを浴びて下さい。」

というので焦りました。心の準備ができていないよ!

も、焦って時刻が過ぎ行くのももったいないので、慌ててシャワーを浴びてすっと処理開業。
とろりとしたオイルを体全体に塗ってくれ、しなやかタッチで体内を揉みほぐしてもらえる。

今までにない気持ち良さなのでふとウトウトしてしまいましたが、時々セラピストのお姉さんが話し掛けてくるので、それがまだまだ面倒くさかっただ。

肩や背中、歩きの奥や大腿などジャストミートでほぐしてくれるので、とろけるような時刻を越すことができました。

さわやかことって、やにわに時刻が来るんですね…肩透かし。
あっという間の2時刻でした。

全身に置きたオイルをまだまだ拭いてくれましたが、意外なことにオイルはぜんぜんべたつかなかったので、アッという間に衣料を着けることができました。

処理が終わった後は暖かいお茶をもらい、ほっとブレーク。
カラダも内も癒されたワンデイでした。”
青森で出会いがある

“2年代の幼児が水を呑みたがったのでコップに入れて渡しました。
自分は夕飯の準備をしていたのですが、4年代三男が「○○ちゃんが水こぼしたー!」というので見に行くとカーペットが濡れていて、その上にびちょびちょのティッシュのパーティーが置いてありました。
どうしてこんなところにティッシュがあるのか束の間わからなかったのですが、もしかして幼児が自分で水を拭こうとしたのではないかと思いました。
幼児に「自分でお水拭こうとしたの?」って尋ねたらコクンといったうなずきました。
2年代なりにしまった!はじめてしなきゃ!としてティッシュで拭いたのでしょうね。まぁ、ティッシュ1枚ほどじゃ取り去りきれない体積の水でしたが、一所懸命拭いてる幼児の風貌を思い浮かべるっていじらしくてかわいらしくてミルクがきゅーんとなりました。
下のお子さんだから水こぼしても「自分で拭こうとするなんて素晴らしい♪」という余白がありますが、これが上のお子さん2年代のときだったら「ティッシュで拭いたって拭きとれないでしょ!」といった怒っていたかもしれませんね。
育児するにはやっぱ余白が必要ですね。
余白があれば小児の粗相もおおらかな気持ちで受け止められますが、手狭といったついイライラしてふとしたことでも怒ってしまう。”
旭川で出会いがある

“ 今どき自宅で葬儀をする人物がいなくなったようで、ほとんどの地区が葬祭会館で葬儀をするようになってきました。そのため葬儀は葬祭会館のスタッフが行うので、隣組の人物が行うことがなくなってきたようです。ただ賃料はかかります。(葬祭会館のスタッフが行う結果)
自宅で葬儀をする際は隣組の人物に頼るしかなかったのです。その地区の習慣があるので、葬儀のある住居の親せきといったいえども葬儀は口をはさめなかったのです。またわが家葬は、隣組の人物に頼るので、葬儀に参列した人の香典予算によって費用がかからず、儲かったようです。
そのため葬儀の後の机(慰労につき)も隣組の人物が帰るまで親せきはその机にいなければならなかったのです。
葬祭会館での葬儀は全品葬祭会館のスタッフが行いますので、葬儀後の机(清めの机)葬祭会館で行うことが多いようです。その机は2年月程度で、年月がくると喪主に終わりにしてくれって会館近くが言ってくる。以前ですとその事は隣組の人物がいう事ですが、会館近くは隣組の人物はわかりませんので、喪主に言ってくる。以前なら隣組の人の慰労の意味で行っている机ですが、葬祭会館での葬儀の後の机は意義が違ってきているようです。そのためにも葬祭会館のやり方に従うことが無難になってきているようです。

大宮で出会いがある

“きのうは、久方振りの休日。

私の身の回りたちが、
うちに遊戯にきてくれました。

私が作った鍋を食べながら、
ビールや日本酒を呑みながら、
色んな演説をしました。

甚だ楽しくて、
あっという間のスパンでした。

これ程おもしろいのも、
自制のない脈絡だからだ。

みんながそのままなんですよね。

背伸びせず、偽ろうとせず、我慢せず、
利用しようとも、何かを隠そうともしていない、

両方が、そのままを出そうとし、
そのままを受け入れようとする。

ですから興味深いんですよね。

かつての私は、ありのままの人を、
さらけ出すことができませんでした。

「みんなに好かれたい」
「嫌われたくない」
としていたんですよね。

けれどもこれはもったいない。
自分のくらしを歩んでいるとは言えない。

相手に合わせているうちに、
自分らしさといったものが
分からなくなっていくんですよね。

それだけでなく、
人と見合う人達と明かすための、
時間も失っていくのです。

「みんなに好かれる事例なんて無理」
「みんなに好かれることをやめよう」

こう考えたら、
者はありのままの人をさらけ出せるし、
自然と、人といった気の見合う人たちが
引き寄せられて来るのだと思います。

ありのままの人を
受け入れてもらえるみんなにサンキュー。”
長崎で出会いがある

“ 今日はスカッと晴れた雲一種ない甚だしく宜しい天候でした。それに夏季とは思えないほど涼しくて、ずいぶん気持ちよい日でした。こうした天候だったので、外部に出掛けたくなって、家族でアニマル園に出かけることにしました。平年なら夏にアニマル園に行くなんて、暑くて考えられないですが、今日は家中ノリノリで出かけました。
 久しぶりの家族でのピクニックで、アニマル園をじりじり売りました。何やかや個性的なアニマルがいるアニマル園でした。一部分をずっと舐め続けているキリンや、おんなじ部分を思う存分行ったり来たりして掛かるシロクマ、ひなたぼっこをしながら寝転がっていらっしゃるペンギンなど、ほんとに個性的で楽しませてもらいました。アニマル園が小児のところから好きで、小さいオリに押し込められているのは可哀想ですなとは思いつつも、おっとりやるアニマルを見ると平和な気分になります。
 昼飯は、お家からおにぎりを持って行って、ゾウの前で食べました。みんなで外部でご飯を食べるのは、すごい興味深いですね。ゾウはほんとにおっきいなー、なんて言いながら食べて、とっても和やかでリフレッシュの日数でした。夕刻が近づいてきたので、名残を惜しみながら、復路につきました。久しぶりに宜しい休みを過ごせました。”
鹿児島で出会いがある