ちっちゃなカフェがありました。

隅田川にかかる厩橋、その台東区位置付けのたもとに、ちっちゃなカフェがありました。

パパがそのところの常得意で、当時小学校だった私も時どき連れて行って貰っていました。

子どもですから苦々しいコーヒーではなく、飲料を呑むのですが、でも時折大人ぶってコーヒーをオーダーしたものです。とは言っても砂糖を思いっきり入れて軽くして飲んでたんですが。

そのカフェも10年ほど前に廃業してしまいました。それでもそのコーヒーが、自身にとってはコーヒーの原点だったのです。

そうしたら色々なおところでコーヒーを呑みました。それなりに旨いコーヒーはありましたが、あのカフェの味ものの感じはありませんでした。

そういうある日、入谷の路地裏にある古ぼけたカフェに何の思い無しに入ってみました。剰余意欲をせずコーヒーを口にしてみると、どうにも思い出深い味が決める。

もしかしてとして、砂糖をたっぷりと入れてみました。すると、あの思い出深いカフェのコーヒーの味が口の中に広がってきたのです。

ベテランの談話を伺いましたが、あのカフェのことは知らないそうで、随分の無縁そうです。でもプチの種類という売り手を教えてくださいましたので、次買いに行って自宅で淹れてみようと思います。

思わぬところで思い出深い味といった再会できた毎日でした。
新潟で出会い系アプリを使うならココがいい