イライラして小さなことでも

2年の子供が水を呑みたがったのでコップに入れて譲り渡しました。

身は夕食の準備をしていたのですが、4年お子さんが「○○くんが水こぼしたー!」というのでいくとカーペットが濡れていて、その上にびちょびちょのティッシュの塊が置いてありました。

どうしてこんなところにティッシュがあるのか束の間わからなかったのですが、もしや子供が自分で水を拭こうとしたのではないかと思いました。

子供に「自分でお水拭こうとしたの?」という尋ねたらコクンとうなずきました。

2年なりにしまった!はじめてしなきゃ!としてティッシュで拭いたのでしょうね。

まぁ、ティッシュ1枚ほどじゃふき取りきれない数量の水でしたが、一所懸命拭いてる子供の陰を思い浮かべるといういじらしくてかわいらしくてバストがきゅーんとなりました。

下の子供だから水こぼしても「自分で拭こうとするなんて可愛らしい♪」という隙間がありますが、これが上の子供2年のときだったら「ティッシュで拭いたって拭きとれないでしょ!」と怒っていたかもしれませんね。

養育するにはとにかく隙間が必要ですね。

隙間があれば子どもの断念もおおらかな気持ちで受け止められますが、窮屈というたまたまイライラして小さなことでも怒ってしまう。
愛媛で出会い系アプリを使うならココがいい