OFFにひまでしたのでネットで無料ムービーを探しているといった101回目のプロポーズという前見たドラマが101次回求婚という中国ムービーがつくられていることをわかり何気なく見初めましたが、意外に面白かっただ。

ムービーなのでドラマとは異なりコンパクトに納められていましたが、裏話やキャラクターお互いのプラスは同じで素晴らしくできていました。

薫役のリン・チーリンが華麗であり、達郎役のホアン・ボーがなんだかとぼけた感じでいい味を出していました。

総合にオシャレな雰囲気で100回お見合いを失敗しているわりには切羽詰まった感じが止めるのがイマイチでしたが、カラットした印象で好感を持ちました。

中国エディションを見たため、昔の日本のドラマエディションをみたくなりネットで再びみていたら、不覚にも涙がでてきました。

浅野温子君は今でも美しいですが、そのころは光輝いていて髪の毛がひたむきなことは知っていましたが、顔付きが多く見とれてしまいました。

武田鉄矢も当時は批判されていましたが、目下見てみると一所懸命恋するおっさんを見事に演じていて感動してしまいました。

BGMも良く25ご時世前のドラマですがてんで色あせることなく、今のドラマと異なりグイグイ引き込まれてしまい、いつしか達郎えお応援してある自分に気が付きます。

101回目のプロポーズは今まで見てきた中で最高のドラマであることは間違いないです。
銀座カラー